WiMAX比較オールナビ

HOME WiMAX関連用語集>AXGPとは モバイル関連用語集

AXGPとは



AXGPとは

AXGPは、高速モバイル通信規格の一つで2.5GHz帯の周波数を使った広帯域移動無線アクセスシステムです。

もともと次世代PHSと言われていたXGP(eXtended Global Platform)を改良しLTE規格の一つであるTD-LTEと適合させました。

TD-LTE図解

TD-LTEはTDD(時分割復信方式)で上りと下りの混雑を防ぎ、これによりスピードを確保する方式の事です。

実質的に4G LTEとしてサービス提供可能な規格となり、SoftBankが4Gとしてサービスを展開しています。


AXGPの経緯

当初ウィルコムが2007年に開設認定を受け、スタートさせましたが経営破綻し、2010年12月にソフトバンクが吸収。
現在では全国政令指定都市の人口カバー率100%に達しています。


AXGPを利用するには

LTEサービスになりますのでコチラのページでSoftBank4Gをご確認下さい。



  •  WiMAX関連用語集
├ あ・か行 MVNOとは LTEとは AXGPとは 固定IPアドレスとは
├ さ・た行 テザリングとは タブレット端末とは
├ な・は行 ポケットWi-Fiとは 5G(ファイブ・ジー)とは
├ ま・や行
└ ら・わ行 WiMAX2




検索ボックス




カテゴリー


BIGLOBE
ラクーポンWiMAX
3WiMAX
とくとくBB
PEPABO(ペパボ)
So-net(ソネット)
@nifty(ニフティ)
TiKiTiKi(ティキティキ)
BroadWiMAX
DTI
グリーンWiMAX
UQ WiMAX

ワイマックスの構造/基礎知識ほかプロバイダー比較/ランキングまで全てをご紹介



ガイダンス