WiMAX比較オールナビ

HOME > W05とW04の違いを比較

W05とW04の比較一覧


機種 W04 W05
本体画像 W04 Speed Wi-Fi NEXT本体 W05画像
最大速度(下り) 440Mbps 708Mbps
WiMAX2+
au 4G LTE
Bluetooth
通信時間
ハイスピード
6時間30分
ハイパワーモード
6時間30分
ハイパフォーマンス
通信時間
ノーマル
10時間30分
セーブモード
約9時間
ノーマル
通信時間au 4G LTE 6時間30分
ノーマル設定
6時間30分
ノーマル設定
連続待受時間 850時間 850時間
通信技術 4×4MIMO
+CA
4×4MIMO
+CA
Wi-Fi規格 IEEE
802.11ac/n/a
11n/g/b
IEEE
802.11a/b/g
/n/ac
外形寸法 W53
H130
D14.2mm
W130
H55
D12.6mm
質量 約140g 約131g
発売時期 2017年
2月
2018年
1月
メーカー HUAWEI HUAWEI



目次
レ点W05,W04の比較
レ点W05,W04の特徴と違い
レ点NVNO別対応機種
レ点W05,W04のおすすめは?
レ点W05,W04の評判
レ点W05,W04比較のまとめ



W05とW04の特徴と違い



W05の特徴


歴代シリーズと比較してもスペックが格段にアップ
・上がり速度も向上し、従来の2.5倍
・横長に戻り厚さも薄型に(W04より1.8mm薄い)
・4×4MIMO+CAで最大速度(下り)708Mbps
・au4G LTE使用が可能


W04の特徴


縦長で片手で操作が可能な点が最大の特徴
・4×4MIMOで最大速度(下り)440Mbps
・au4G LTE使用が可能
・重さ140gでWX03より30g重い



Speed Wi-Fi NEXTまとめ


W04とW05の最大の違いは速度の向上になります。
ただ、格安SIMで認知されてきていますが、動画視聴でも5Mbpsもあれば体感速度としては充分になります。
その点において、WiMAXルーターはいずれを選択しても充分な速度を確保できます。

W04,W05はau 4G LTEを併用できるのですが、別途1,005円/月の費用が発生する事は抑えておきましょう。(auスマートバリューmineユーザーは無料になります)

又、au 4G LTEはギガ放題契約でも総使用量7GBで速度制限の対象になります。

W04,W05は4×4MIMOでLTEを使わなくても高速通信が可能ですし、W03の220Mbpsも速度としては不自由しない為、LTEの選択は要検討となります。



WiMAX MVNO別対応機種


MVNO クレードル 充電器 対応機種

とくとくBB
GMOとくとくBB
WiMax詳 細



代金込
USB付
ACアダプタ別売
W05
W04
WX04
WX03
L01
L01s

FUJI WiFiロゴ80
FUJI WiFi詳細

別売 USB付
ACアダプタ別売
W04

ソネット so-net
ソネットWiMax詳 細



代金別
USB付
ACアダプタ別売

W05
WX04
L01s

3WiMAXロゴ
3WiMAX詳細


別売 USB付
ACアダプタ別売
W05
L01s
U01

ビッグローブ
BIGLOBE WiMAX詳 細



代金別
USB付
ACアダプタ別売
3年
W05
WX04
2年
WX03
L01
L01s

DTI(ドリームトレインインターネット)logo
DTI WiMAX詳細



代金別
USB付
ACアダプタ別売
W04
WX03
L01

アットニフティ
ニフティWiMAX詳 細



代金別
USB付
ACアダプタ別売
W04
WX03
L01

ブロードワイマックス
ブロードWiMAX詳細



代金別
USB付
ACアダプタ別売
3年
W05
WX04
L01s

Tikitikiインターネット
ティキティキWiMAX詳細



代金込
USB付
ACアダプタ別売
WX04

UQ WiMAX
UQ WiMAX詳細



代金別
USB付
ACアダプタ別売
3年
W05
WX04
L01s



クレードルについて


印は「セットで取り扱い中」になります。
GMOとくとくBB、TikiモバイルWiMAX2+ではクレードルが無料で付いてきます。


W04クレードルセット

クレードル設置画像

W04クレードルで出来る事

・置く事(端子が接続)で充電が可能になります。
・光などの固定回線をLANで接続しルーター経由でWi-Fiを飛ばせます。
・無線非対応の端末(PCなど)にもLANを接続することでインターネットの利用が可能になります。





W05クレードルセット


W05クレードルで出来る事

・置く事(端子が接続)で充電が可能になります
・光などの固定回線をLANで接続しルーター経由でWi-Fiを飛ばせます。
・無線非対応の端末(PCなど)にLANを接続することでインターネットの利用が可能になります。
・クレードル設置時に自動でハイパフォーマンスモードに切り替わります



充電について


基本的にルーターの充電は付属USBケーブルで出来ます。
W04,W05のUSBはType-Cのケーブルになります。

ほかACアダプター(別売)で充電する方法と、置き型のクレードルに接続して充電する方法があります。
見た目を気にするかたならクレードルがおすすめですが、通常別売りになります。

その点、GMOとくとくBBならクレードルが無料で付いてくるのでお得です。




W05,W04どちらがおすすめ?



おすすめの機種は?


W04,W05の違いは前述の通りです。

おすすめは、迷うことなくスペックが向上したM05になります。

特に理由がない限りM05の選択で問題ないと思います。



機種が決まったら


クレードルセット(無料)、キャッシュバックなどMVNOによってさまざまな特典があります。

安さを追求するならWiMAXの最安案内ページを検討にご活用ください。




W05,W04の評判



Twitter上の評判は?





W05に関する期待値は高いものの、実際に使用したなかでは「M05 W04と体感で違いが分からない」といった声もあります。

ベストエフォート数値が向上しても体感では既に高速なのでそんなものなのだと思います。

そういう現状も手伝ってか、LTEを使わない派の方があえてW03を選択するというケースもあるようです。
(WXシリーズ不人気、Wシリーズが人気の傾向)

W04,WX03,W03を比較で検討する



いずれにしましても、機能向上&改善は喜ばしい事ですしW05推しは、ほぼ全員一致といったところです。




W05,W04比較のまとめ




比較上のまとめ


・そもそも高速なのでW03以降なら目的別に選択が吉
・LTEを使うならW04,W05の二択
・比較で悩んだらW05に決めましょう。



W05選択時の注意点


今後MVNO全社がW05を扱いだすと思われますが、各社”縛り期間”が異なっています。


上記一覧の取り扱い機種の項目3年とある場合は2年プランでのW05選択ができません。

2年後には新機種が登場している可能性が高く、SNS上では「使わなくなった端末どうしよう」とった声を多数見受けたりもします。

できれば3年プランは避けましょう。
その点でもGMOとくとくBBは頭一つ出ていますね。


以上がまとめになります。


検索ボックス




カテゴリー


とくとくBB
BIGLOBE
FUJI WiFi
famifi(ファミファイ)
SPACE Wi-Fi(民泊)
3WiMAX
カシモWiMAX
So-net(ソネット)
@nifty(ニフティ)
TiKiTiKi(ティキティキ)
BroadWiMAX
DTI
グリーンWiMAX
ラクーポンWiMAX
PEPABO(ペパボ)
UQ WiMAX

ワイマックスの構造/基礎知識ほかプロバイダー比較/ランキングまで全てをご紹介



ガイダンス