WiMAX比較オールナビ

HOME > クラウドモバイルの評判と申込・ご案内

クラウドモバイルのご案内


プロバイダ 特 典 申 込
クラウドモバイルlogo 料金は最安クラス!
端末到着日にamazonギフト券1万円が受け取れます!
お申込

クラウドモバイルのキャプチャー Cloud Mobile 概要

・WiMAX2+回線
・高速利用(月間無制限&10G/3日制限)
・配線工事不要
3年縛り

  <申込方法>
ポイント 公式サイトにて


[運営]

株式会社センテンス
〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-39-11 英興ビル5F

[設立]

2017年10月10日
お申込から開始までの流れ 申込から開始までの流れ

@お申込


A確認の電話が入ります


Bお支払い情報の確認後2日〜一週間程度で端末の発送


C数日後、端末が届きましたら、すぐに利用開始できます。

 エリアの確認・お申込




Cloud Mobileのメリット・デメリット



クラウドモバイルは新設のMVNOで情報も少なめとなっていますが、精査した情報を元にメリットとデメリットを以下に掲載しています。
ご要望とマッチしているか参照してみてください。


クラウドモバイルのメリット


クラウドモバイルは、スタートから3ヶ月間は月額2800円で利用できます。
申込からすぐにamazonギフト券10000円分も届きますので、利用開始当初からお得を堪能できるMVNOとなります。

契約期間の総額を月額に換算すると最安というわけではありませんが、比較しても月額にしてジュース代程度の差でそれほど気にする差額ではありません。



クラウドモバイルのデメリット


デメリットは契約期間の縛りが3年という点が挙げられます。
期間内に解約してしまうと違約金が発生する為、契約期間を安定したMVNOで利用したいというかた向けのサービスとなっています。

又、契約期間内で解約した場合、端末に対しても違約金が発生します。
途中解約は少数派だと思いますが、やむ負えない事情などで期間内の解約となった場合、高額な違約金となりますので、しっかりと把握しておきましょう。


 【AT独占】クラウドモバイル




クラウドモバイルの端末は?



クラウドモバイルの端末は、UQ WiMAXの端末になります。

W05画像

W05


WiMAX端末で下り最大758Mbps

W04 Speed Wi-Fi NEXT本体

W04


WiMAX端末で下り最大758Mbps

W05とW04の比較はコチラ
WX03 Speed Wi-Fi NEXT本体

WX04


WiMAX端末で下り最大440Mbps
HOME L01s

HOME L01s


室内用で下り最大440Mbps



解約時の端末に関する留意点


契約期間未満に解約する場合は、違約金の他に端末に対して違約金が発生するので、以下が留意点になります。

・24ヶ月以内での解約は契約残月数×1,600円の端末違約金

24ヶ月以上利用した場合、端末は利用者所有になり返却は不要となります。



クラウドモバイルの評判



auスマートバリュー

  • auスマートバリューに関して
auのスマホを利用されているかたにとってはスマートバリューmineが適用されるかが気になる点としてありますが、WEB上に記載がなかった為、現在問い合わせ中となっています。
(9/1時点で返答なし)
結果が分かり次第掲載致します。

クラウドモバイルの評判


登場して間もないサービスなのでネット上でも評判は見つからない状況となっています。


クラウドモバイルのまとめ


WiMAXの場合、回線品質は他社と同じになるので、価格面や、割引サービスなどが他社との違いになります。

クラウドモバイルに至っては、価格やギフト券など他社と比較しても遜色ない良サービスとなっています。
欲を言えば「もう一つ頭が抜け出る特徴があれば...」といった印象です。

MVNO大手に好き嫌いのあるかたにとっては、新たな選択肢としてオススメになるのではないでしょうか。

ただし、
端末の違約金という点は拭いようのないデメリットです。
プロバイダは、この点が表記される事は理解した上で設定しているのだと思いますが、利用者心理としては「リスクは避けたい」と思うはずです。

別の話を例に挙げると
ブロードワイマックスというプロバイダはWiMAX黎明期に初期費用(オプション利用で、なくなる仕組)を設定していながら「月額最安」をうたっていました。
現在では初期費用(違約金相当額)は撤廃されて割引サービスを展開していますが、「ユーザーを募る時点での初動ミスだったのでは」という印象があり、紹介する側としても強く推せないケースとなっています。


クラウドモバイルの話に戻すと、
端末の違約金に関しては他社にないモノです。
(強く推せない理由でもあります。)

WEB制作会社が運営するMVNOだとすれば
運営が通信事業専門の会社に変更になりました。

お申込をされる方が、仮に「よく理解しないで契約し、途中解約したら」トラブルと成りかねません。

筆者に決定権があったとしたら
・「途中解約が少数」なら、利益から原価償却を見込む
・「途中解約が多数」なら、利益が確保できる違約金にする(又は民泊Wi-Fiのように違約金を撤廃して月額に反映させる)
といった選択をします。

実際にその方向性でユーザー利点を追及しているMVNOは、強くオススメしています。

最安のWiMAXは?


クラウドモバイルが、あえて端末の違約金を設定する利用は何なのでしょう....

運営が通信事業専門の会社へ移行したようなので、違約金の再検討に期待しています。


MVNOの事情もあるとは思いますが、情報と選択肢があるなかでは、「双方に利点があるなかで、ユーザー利点を追及すること」こそが、「利用者増に繋がるのでは?」と考えさせられました。

「クラウドモバイルを選ぶ理由」がさらに出てくる事を期待しつつ、新たな情報が入りましたら更新したいと思います。


エリアの確認・お申込



検索ボックス




カテゴリー


BIGLOBE
FUJI WiFi
スペースワイファイ
famifi(ファミファイ)
3WiMAX
とくとくBB
カシモWiMAX
クラウドモバイル
So-net(ソネット)
@nifty(ニフティ)

ワイマックスの構造/基礎知識ほかプロバイダー比較/ランキングまで全てをご紹介



ガイダンス